こどもにも身近なおこづかいゲーム

GUM05_CL05024こどもに渡すおこづかい。本当に定額制が良いのか、額はどうやって決めたらいいのか、そしてそもそも使い方についてどう説明すればよいのか等、おこづかいについて悩むという親は多いもの。そんな中、こどもにも身近なおこづかいゲームでおこづかいについて学ぶ方法があります。ここではおこづかいゲームとはどんなものか、そしてどんなメリットがあるのかについてご説明しています。

おこづかいゲームとは?

おこづかいの管理方法について学ぶ、おこづかいゲーム。まず1ヶ月の予定とおこづかいの金額を決めます。そして何を買うか、いくらのものを買うか内容について話し合いを行った後買い物体験を通して、最初に決めたものを買う、あとで買う、買わないという3つの中から判断します。最後におこづかい帳を通して振り返るといういたってシンプルなゲームです。

おこづかいゲームを行うメリット

実際のおこづかいを突然はじめるよりも、まずおこづかいゲームでシミュレーションをすることによって、こどもの中でも、おこづかいというものを具体的に意識できるようになります。また、現実では欲しいものが全て買えるわけではありません。じゃあそのときどうするのか、諦めるのか、お金を貯めるのか、ということについてもこどもが自分で考えるきっかけとなります。こどもの頃にお金の使い方について学んでおくことで、大人になり給料をもらうようになったときにも、この経験が活かされるというのがおこづかいゲームの大きなメリットといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です